スピリチュアル・デブリ

posted in: コラム | 0

スペースデブリ(宇宙ゴミ)

スペースデブリって知ってますか? 日本語で「宇宙ゴミ」とも言われているものです。
これは活動を終えた人工衛星や、ロケットなどの破片や、宇宙飛行士の船外活動で落とした器具など。
大気圏に落下して燃え尽きるものもありますが、現在も4,500トンほどのものが漂っているといわれています。

↑こんな感じで地球を取り巻いています。
これの何が問題かというと、ただ浮いているのではなく、ものすごいスピードで移動しているので、現在利用している人工衛星と衝突したり、宇宙ステーションと衝突する危険性もあるということです。

デブリはそもそも、人工衛星を打ち上げたり、宇宙での活動によってできた副産物ですが、そのデブリによって宇宙へ出ることが阻害されているという状況になっています。

 

スピリチュアルなゴミ

今回の話は、そのスペースデブリの、スピリチュアル版、心理版といったものです。
スピリチュアル・デブリと勝手に名付けました。

もともと、もっと幸せになりたい、とか、もっと自由になりたい、と思って精神世界のことを学んだりしたけど、それによって、逆に不自由さを感じている人も少ないように思います。

宇宙に出るためにしていたことが、逆に宇宙に出ることを邪魔するゴミを生んでいる。それと同じことが私たちの心の面でも起きているように思います。

スピリチュアルなゴミのやっかいなところは、それが「神聖で」「大事」で「正しい」ように見えるからですね。 正しくありたいですか?それとも自由でいたいですか?

アクセスバーズをたくさん受けて、アクセスの問いを持っていくうちに、僕自身もたくさんのスピリチュアルなゴミによって自由を阻まれていたということに気が付きました。この人生だけでなく、ほかの人生からも引き継いでいたものも沢山あったのだと思います。「不滅の魂」とかいろいろ。

無限の存在に魂は必要?

もし、たくさん学んだけど、けっきょく自由になれていないし、自分を生きられていないという人は、学びによってできたデブリを掃除するタイミングかもしれませんね。

アクセスバーズのタイミングがやってきているのではないでしょうか?

魂からも自由になって生きたいですか?